週末シェフの家呑みレシピ

料理で作る優雅なひと時

鶏むね肉で水晶鶏|ブチ抜く力

鶏むね肉で水晶鶏

 

プルっとした食感の水晶鶏

唐辛子を混ぜたピリ辛タレでいただきます

 

【材料】

  • 鶏むね肉 2枚(600g)
  • 長ネギ 1本
  • にんにく 2片
  • 生姜 2片

 

【ピリ辛タレ】

  • 醤油 大さじ 3杯
  • 酢 大さじ3杯
  • ごま油 大さじ2杯
  • 砂糖 小さじ1杯
  • 唐辛子 好きな量

 

【調味料他】

  • 酒、塩、片栗粉

 

【作り方】

1 長ネギ、にんにく、生姜をみじん切りにし、 ピリ辛タレの調味料を混ぜ合わせる

f:id:kzy-style:20190415210437j:plain

タレは早めに作って時間を置いておくと良いですよ

 

2 鶏むね肉はそぎ切りにし、少量の酒、塩を揉みこみ下味をつけておく

f:id:kzy-style:20190415210456j:plain

 

3 鶏むね肉に片栗粉をまぶして茹で、火が通ったら冷水にとる

f:id:kzy-style:20190415210513j:plain
f:id:kzy-style:20190415211847j:plain

 

4 ピリ辛タレをかけて完成

 

鶏むね肉で水晶鶏

 

【感想他】
表面が水晶のようにキラキラと輝いているから水晶鷄というようです

 

タレをかける前にアップで撮ってみました

水晶鶏

片栗粉をまぶして茹でているので、表面が透明の膜を張ってプルっとした仕上がりになります

 

水晶鶏は色々なタレで楽しめる料理なのですが、今回はごま油ベースで、ネギ+生姜+にんにくの中華仕様

 

油淋鶏でもこのタレは使えますよ

 

もちろんガッツリ中華系なので相性抜群なのは

水晶鶏とエビスビール

うん、もちろんビール 笑

 

ちなみにこのレシピはたっぷり二日分作ったので、鶏むね肉を1枚で作るときは材料とタレは半量で大丈夫です

 

茹で調理でヘルシーな水晶鷄

 

ビールのお供にも最高です

 

是非ともお試しください

 

 

与沢翼さんの「ブチ抜く力」を今日読み終えました

与沢翼 ブチ抜く力

自分自身の行動の仕方などを改めて考え直させるキッカケとなる良書でした

ただ読んだだけで終わらせるのではなく考え、行動を取り入れていこうと思います

 

1章と2章が個人的には刺さりました

 

普段の生活では触れることのできない考えなどを得られるので、私はよくこのようなジャンルの本を読んだりします

 

良いと思うところは吸収して、自分で違うと思うところは考えて取り入れていく

 

そんな感じで読んでいます

 

明日からは新たに始める仕事関係の知識習得に戻ります