身欠きにしんとナスの炊いたん

身欠きにしんとナスの炊いたん

 

京都のおばんざいの定番料理

にしんの旨味がなすに染み込みます

 材料(2人分)

  • 身欠きにしん(ソフト) 3枚
  • なす 3本
  • 柚子の皮 適量
  • 水 400ml
  • 酒 100ml
  • 酢 大さじ3
  • 醤油 大さじ2
  • みりん 大さじ2
  • オリーブオイル 大さじ1

 作り方

下ごしらえ

 

  • 身欠きにしんは頭と尻尾を切り、適当な大きさに切り熱湯をかけて洗う
  • ナスは皮目に細かく切り込みを入れて一口大に切り、水に放ちアク抜きをする
  • 柚子の皮は千切りにし、針柚子にする
  1. 鍋に身欠きにしん、水400ml、酒100ml、酢大さじ3、醤油大さじ1、みりん大さじ2を入れて煮る
  2. 40分程度経過したところで、フライパンにオリーブオイル大さじ1を熱しナスをさっと炒め1に加える
  3. 醤油大さじ1を1に加えてさらに20分程度煮る
  4. 器に盛って、針柚子を乗せて完成

 

身欠きにしんとナスの炊いたん

身欠きにしんとナスの炊いたん

身欠きにしんとナスの炊いたん

感想など

京都のおばんざいの定番料理です

 

ちなみにおばんざいとは京都のお惣菜の意味です

 

この料理は本当に久々に作りましたが、やっぱり美味しいですね

 

柔らかいナスに身欠きにしんの味がよく染みています

 

作る上でのポイントは、煮ている時に、にしんから出てくる油は丁寧に取り除くことでしょうか

 

そして、ナスはその後煮るので、さっと炒めるだけでOK

 

イメージとしては皮目をコーティングする感じです

 

私は仕上げに余っていた柚子の皮を使いましたが、針生姜も非常に相性がいいですよ

 

身欠きにしんとナスの炊いたん

 

是非ともお試しください