週末シェフの家呑みレシピ

料理で作る優雅なひと時

ケチャップで作るプッタネスカ|桜の時期

ケチャップで作るプッタネスカ

 

トマトソースを作らないからお手軽仕様

簡単だけど本格的なイタリアン

 

 【材料】

パスタ 100g

玉ねぎ 1/2個

にんにく 1片

黒オリーブ 6個

ケッパー 15粒

アンチョビ 3片

ケチャップ 大さじ2杯

白ワイン 大さじ1

鷹の爪、乾燥バジル、胡椒、オリーブオイル

 

【作り方】

1 玉ねぎ、にんにく、黒オリーブを切る

プッタネスカの材料

使う材料は全部出しておくと手間取らなくて済みます
アンチョビを冷蔵保存してるとオイルが固まって取り出せないので注意

 

 2 オリーブオイルでニンニク、唐辛子を炒めて香りが出てきたら玉ねぎを投入

f:id:kzy-style:20190331085541j:plain
f:id:kzy-style:20190331085554j:plain

 

3 ケチャップ、白ワインを入れて炒める

f:id:kzy-style:20190331085606j:plain
f:id:kzy-style:20190331085619j:plain

焦げないように気をつけてくださいね

 

4 アンチョビ、ケッパー、黒オリーブを入れて炒める

 

5 茹でたパスタを投入し、乾燥バジルをかければ完成

 

ケチャップで作るプッタネスカ

 

【感想他】

プッタネスカをそのまま訳すと娼婦のパスタ

娼婦が客引きに使ったほど美味しいと言われたからこの名前がついたとか

他にも諸説ある歴史あるメニューです

  

 

塩気がある材料があるので塩は足さずに仕上げます

 

アンチョビ、ケッパー、オリーブが入ることでグッと本格的な味になります

 

材料でちょっとハードルが高めに感じてしまうかもしれませんが、ケッパーなど日持ちするのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか

 

ケチャップで作るお手軽なプッタネスカ

 

是非ともお試しください

 

 

 

桜の時期ですね

 

桜並木を車で通ったのですがやっぱり桜は綺麗です

でもお花見するには少し寒いかもしれませんね

 

私のテーブルコーディネートで活躍した桜達もそろそろ終わりかなぁ