小松菜とちくわの煮浸し|初めて作った料理

小松菜とちくわの煮浸し

 

冷めても美味しい煮浸しです

簡単に作れる副菜です

 材料(2人分)

  • ちくわ 1パック(3本入り)
  • 小松菜 1/2袋
  • 和風だし 150ml
  • 醤油 大さじ1/2
  • みりん 大さじ1/2

 作り方

下ごしらえ

 

  • ちくわは斜めに切る
  • 小松菜は根の部分を切り落とし4〜5cm程度の長さに切り、葉と茎の部分に分けておく
  1. フライパンにちくわ、和風出汁150ml、醤油大さじ1/2、みりん大さじ1/2を入れて火にかける
  2. だし汁が煮立ったところで小松菜の茎の部分を加えてさっと煮る
  3. 茎に火が通ってきたところで小松菜の葉の部分を加える
  4. 数分煮て味を含ませれば完成

 

小松菜とちくわの煮浸し

小松菜とちくわの煮浸し

感想など

ちょっとした1品として最適な煮浸しです

 

今回はちくわと一緒に炊いてボリューム感も出してみました

 

小松菜はアクの少ない野菜なので、そのまま使えるのも嬉しいですよね

 

 

煮浸しは色々なものと一緒に炊いてバリエーションを出せますが、やっぱり個人的に一番合うと思うのは油揚げかな?

 

小松菜とちくわの煮浸し

 

是非ともお試しください

今日のコラム

私が初めて一人で作った料理は、中学1年生のときに作ったチャーハンです

 

誰しもが1度は作ったことのある料理の一つではないでしょうか?

 

結果ですが、見事に大失敗でした・・・笑

 

敗因は油の入れすぎでした

 

今でも覚えてるくらいの失敗なので、どれだけ大量に入れたんだ!という感じですよね

 

それでも今はこのブログで紹介している料理くらいまでは作れるようになっているので進歩したなぁと思います

 

昨日に引き続き、昔のちょっとした思い出話でした